博多一口餃子「旭軒」は連日行列覚悟の大人気店【ご当地グルメ】

一口餃子-旭軒グルメ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

実は博多では一口餃子もご当地グルメになります。

色々紹介したいところですがとりあえずコチラの

旭軒 駅前本店」がイチオシ。

創業昭和29年の老舗でこの「駅前本店」と中洲の入り口にある「川端店」おなじく飲み屋街にある「春吉店」と市内で3店舗を展開。

特にここ駅前本店はアクセスもよく芸能人も訪れる博多グルメの観光名所のようになっているので予約していくのがおすすめ。飛び込みでいくと歩道に並ぶことになります(泣)

それにしても予約していくまでいく餃子屋さんってなかなか無いですよね(笑)

場所

旭軒-外観

場所は博多駅の博多口(細かく言えば西12a出口)を出て徒歩3分ほどのところにあります。外観は年季の入った街の中華屋さん、美味しいもの出しそうな雰囲気。

偶然にも福岡では珍しい「餃子の王将」の隣にあります。もちろん旭軒のほうが老舗です(笑)

メニュー

旭軒-メニュー
旭軒駅前店メニュー
  • 焼餃子(一人前10個) 360円
  • 水餃子(一人前10個) 360円
  • 手羽先1本 92円
  • 生ビール(中ジョッキ) 470円
  • 焼酎各種 280円 など

一口餃子に特化したお店なのでメニューは非常にシンプル。お酒も安く、すべて税込み価格なのが嬉しいですね。

卓上に置いてある手羽先も名物です。食べてる人はめったに見かけませんが、一応白ごはんとみそ汁もあります。

餃子は注文を受けてから丁寧に焼き上げるので提供まで結構時間がかかります。常連さんはその間に小鉢や手羽先をアテにジョッキを空けるのが常識(^o^)

焼餃子

旭軒-焼餃子

これが旭軒の一口餃子です!

皮は仕上げに油で揚げ焼きにしてあるのでカリカリ、餡は肉肉しくてビールがグイグイすすむ濃い味付け。

合わせ酢醤油とお好みで博多一口餃子には欠かせない赤い柚胡椒をつけていただきます。

つけあわせにキャベツの千切りが乗ってくるのは珍しいですよね。

旭軒-焼餃子

分厚い鉄板でムラのない焼き目。家の火力とフライパンではこううまく焼けないんですよね~。

非常に薄皮なのでどうしても破れてしまうのが見ため的にマイナス点。当たり前ですが味は変わりません。

手羽先

旭軒-手羽先

手羽先もほとんどの人が頼むもう一つの名物。

揚げたてでもなく冷えて固くなった手羽先なんですが、なんとも味のある小学校のお弁当に入っているような懐かしい味がします(笑)銀紙巻いてるのなんかまんまそうですよね。

カウンター席では大皿から勝手にとって会計時に申告するタイプ。

持ち帰りの予約注文も非常に多く大量に鉢盛サイズで買って帰られる光景もみかけました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

博多で一口餃子って見落としがちのご当地グルメですが専門店だけでなく、とんこつラーメン屋のほとんどがこの一口餃子タイプなので食べる機会は多いですね。

ここでは博多駅からほど近い旭軒をご紹介しましたが、他にも有名どころで「テムジン」「祇園鉄なべ」などオススメです。

観光に来られた際は是非(^o^)

ここまで読んでいただきありがとうございました!

〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目15−22
電話番号092-451-7896
営業時間15:00~24:00(L.O.23:30)
定休日日曜日
クレジットカード現金のみ
公式ホームページなし

情報は訪問時のものです。

メニュー価格など異なる場合がございますので最新の情報をご確認ください。

コメント